潜伏確変セグ判別 | 北斗の拳6天翔百裂


潜伏確変セグ判別 | 北斗の拳6天翔百裂

天翔百裂の潜伏確変セグ判別について

「ぱちんこ北斗の拳6天翔百裂」での天翔モード突入時は、小当りor潜伏確変当選が濃厚となります。

 

その際は盤面左下のセグ判別することで、潜伏確変か小当かを判別が可能なのです。

 

 

突入時に6Rのセグパターンが点灯すれば潜確当選が濃厚となりますので、36回転は絶対に回してください!

 

6Rのセグパターンは実機を見ればすぐに分かりますが、一応こんな感じです。

 

 

左が6R潜伏ですね。ちなみに右が16Rのでセグです。

 

 

その場合、天翔モードは323回転で終わってしまいますが、内部的には36回転までは潜伏確変です!

 

ですので残り4回転は通常ステージに戻ってしまいますが、注意して回しましょう!

 

 

小当りの場合はヤメてOK!

潜伏確変以外にも、本機では小当りの場合でも「天翔モード」へ突入します!

 

セグを確認していなかった場合は、一応36回転は回した方が無難ですね。

 

でもセグを確認して小当りと確信がある場合はヤメてもOKです。(中々勇気は要りますけどねw)

 

ちなみに小当り確率は1/199ですので、結構小当りの確率の方が高いです。

 

潜伏の確率が1/307の4%なので、実質1/699となります。

 

ですので4回に1回ぐらいしか潜伏確変は当らない計算になります。

 

なるべく無駄に回したくない場合は、セグ判別は必須ですね。

 

Ads by Google


CR真北斗無双 北斗の拳強敵 北斗の拳6天翔百裂 総合アプリ